戦後の日本を垣間見る 横須賀&浦賀観光と戦艦「三笠」見学日帰りツアー(昼食付)

江戸時代より現在に至るまで日本を守り続けてきた東京湾入り口にある海上防衛の最重要拠点、横須賀。
鎖国していた江戸時代、江戸の玄関口である東京湾を守り、開国後は多くの外国船を受け入れたのが市内の浦賀地区です。
今では静かな田舎町ですが、砲台跡などが海浜公園の中に溶け込んでいる様をご覧ください。
そして開国後の海軍の主要軍港の一つとなったのが横須賀です。
戦後から現在まで米軍が駐屯し、街中では米海兵やその家族が風景に溶け込んだ日米折衷文化を見ることができるでしょう。
ここで昼食をとり(料金に含まれています)、かつて20世紀初頭に活躍した記念艦「三笠」を見学しましょう。
港湾地域には米軍施設が立ち並びますがもちろん内部を見ることはできません。
このツアーでは米軍の軍港巡りクルーズに参加しますので、最新の米軍、自衛隊の戦艦だけでなく様々な船を海上から見ることができます。
自然や歴史遺産に興味のある方は、軍港クルーズの代わりに船で10分で行ける小さな東京湾唯一の周囲1.6kmほどの小さな無人島、猿島へ行くこともできます。
近年では、豊かな自然と状態良く保存された旧日本軍の要塞跡が入り混じった姿がラピュタを想起させ、
さらに夏には海水浴場が開かれるため、人気のレジャースポットになっています。
最後に、アメリカ文化を日本風に取り入れ、今では様々な国籍の観光客が訪れるインターナショナルな観光地となった「どぶ板通り」商店街を歩きましょう。
1
From ¥13,400

ツアー概要

江戸時代より現在に至るまで日本を守り続けてきた東京湾入り口にある海上防衛の最重要拠点、横須賀。
鎖国していた江戸時代、江戸の玄関口である東京湾を守り、開国後は多くの外国船を受け入れたのが市内の浦賀地区です。
今では静かな田舎町ですが、砲台跡などが海浜公園の中に溶け込んでいる様をご覧ください。
そして開国後の海軍の主要軍港の一つとなったのが横須賀です。
戦後から現在まで米軍が駐屯し、街中では米海兵やその家族が風景に溶け込んだ日米折衷文化を見ることができるでしょう。
ここで昼食をとり(料金に含まれています)、かつて20世紀初頭に活躍した記念艦「三笠」を見学しましょう。
港湾地域には米軍施設が立ち並びますがもちろん内部を見ることはできません。
このツアーでは米軍の軍港巡りクルーズに参加しますので、最新の米軍、自衛隊の戦艦だけでなく様々な船を海上から見ることができます。
自然や歴史遺産に興味のある方は、軍港クルーズの代わりに船で10分で行ける小さな東京湾唯一の周囲1.6kmほどの小さな無人島、猿島へ行くこともできます。
近年では、豊かな自然と状態良く保存された旧日本軍の要塞跡が入り混じった姿がラピュタを想起させ、
さらに夏には海水浴場が開かれるため、人気のレジャースポットになっています。
最後に、アメリカ文化を日本風に取り入れ、今では様々な国籍の観光客が訪れるインターナショナルな観光地となった「どぶ板通り」商店街を歩きましょう。

横須賀&浦賀観光と戦艦「三笠」見学 +軍港巡りクルーズまたは猿島観光 日帰り

日本の観光と言えば寺社仏閣、自然、和食といったものが主流になっていますが、このツアーではまた違った日本の姿をお見せしようと思います。

まずは東京から列車に乗って1時間強で浦賀に到着します。
東京湾は二つの半島で殆ど閉じられた湾ですが、浦賀はその一端にあり、外国との交流を拒んでいた江戸時代には東京湾に入ってくる外敵を阻む要衝地でした。
現在では何の変哲もない田舎の港町ですが、半島の先端部にはかつての砲台跡などの遺構が点在し、現在では観音崎公園として整備され、緑豊かな海沿いの公園を散策しながら所々で旧日本海軍の遺構を見ることが出来るようになっています。かつての対外防衛の要衝を見た後は、近現代の海上防衛の要衝を見に、横須賀地区へ行きましょう。
横須賀地区は横須賀市の中心エリアで、浦賀とも他の日本の都市とも全く違った様相を呈しています。
横須賀地区は日本開国後に軍港として発達し、大日本帝国時代には日本海軍の鎮守府が設置され、終戦まで東日本の防衛を管轄していました。
終戦以来米軍が駐屯し、現在では自衛隊と共に防衛の一端を担っています。

横須賀港湾地域で昼食を取ったあと、記念艦「三笠」を見学に行きましょう。(昼食内容はお問い合わせください)
この船は100年以上前に建造された本物の戦艦で、日露戦争(1904~1905)時には大日本帝国海軍の艦隊の旗艦として戦い、当時無敗を誇っていたロシアのバルチック艦隊を破って日本を勝利へ導き、日本海軍の強さを世界に知らしめた名艦です。
その業績を称えて、引退後も記念艦として保存されており、内部を見ることが出来ます。
ちょっとしたお土産もつきますのでお楽しみに♪「三笠」見学後は2通りのコースがあり、お好きなコースを選べます。

一つ目は、三笠桟橋からボートに乗って東京湾に浮かぶ唯一の自然島にして無人島の猿島を見学するコースです。
横須賀地区の沖合1.7㎞に位置し、周囲1.6㎞の猿島は江戸時代に砲台が設置されて以来、東京湾の防衛の拠点として要塞化されました。
戦後は要塞としての機能をなくし、海水浴場へと姿を変えました。
近年では放置された要塞跡にコケやシダ植物等が覆った姿が「ラピュタ」を想起させるとして改めて人気が出てきています。
島内には散策コースが整備されており、歩いて簡単にまわることが出来ます。二つ目は、軍港巡りクルーズのコースです。
横須賀地区には海上自衛隊と米海軍の施設が多くありますが、当然ながら一般には立ち入ることはできません。
しかしながら、軍港巡りクルーズでは米軍の太平洋艦隊や日本の海上自衛隊の近くに接近することが許されています。
ミサイル艇や潜水艦、護衛艦、駆逐艦、空母といった最新の戦力だけでなく、自衛隊に所属する様々な船もご覧ください。最後はどぶ板通りと呼ばれる日米文化が交じり合った商店街へ行きましょう。
もともとこの商店街は横須賀に駐屯する米海兵を相手にした商売から発展し、米海兵向け店が並びました。
しかし、メディアがまだ未発達の時代には、そこは日本人にとってもまた最新のアメリカ文化を取り入れる場所でもあり、米兵のみならずアヴァンギャルドな日本人たちをも相手にしたため、より一層アメリカ色が強められ、今ではそのアメリカ色の強すぎる独自な街並みとして日本人観光客のみならず外国人観光客をも惹きつけています。
こうしてまた更に新たな客層が加わったことで新たな変化が生まれてくるのではないでしょうか。解散は横須賀になりますが、品川またはその他東京方面へのまでの帰り方をご案内いたします。
品川までの交通費もツアーに含まれていますが、途中下車も可能ですので帰り道にお洒落でロマンチックな港湾都市・横浜に寄ってみるのも良いのではないでしょうか。
 

★解散場所:京急汐入駅(横須賀)(品川までの帰り方をガイドがご案内します。)

lunch

ルートマップ

ツアー詳細

横須賀&浦賀観光と戦艦「三笠」見学 +軍港巡りクルーズまたは猿島観光 日帰り

日本の観光と言えば寺社仏閣、自然、和食といったものが主流になっていますが、このツアーではまた違った日本の姿をお見せしようと思います。

まずは東京から列車に乗って1時間強で浦賀に到着します。
東京湾は二つの半島で殆ど閉じられた湾ですが、浦賀はその一端にあり、外国との交流を拒んでいた江戸時代には東京湾に入ってくる外敵を阻む要衝地でした。
現在では何の変哲もない田舎の港町ですが、半島の先端部にはかつての砲台跡などの遺構が点在し、現在では観音崎公園として整備され、緑豊かな海沿いの公園を散策しながら所々で旧日本海軍の遺構を見ることが出来るようになっています。かつての対外防衛の要衝を見た後は、近現代の海上防衛の要衝を見に、横須賀地区へ行きましょう。
横須賀地区は横須賀市の中心エリアで、浦賀とも他の日本の都市とも全く違った様相を呈しています。
横須賀地区は日本開国後に軍港として発達し、大日本帝国時代には日本海軍の鎮守府が設置され、終戦まで東日本の防衛を管轄していました。
終戦以来米軍が駐屯し、現在では自衛隊と共に防衛の一端を担っています。

横須賀港湾地域で昼食を取ったあと、記念艦「三笠」を見学に行きましょう。(昼食内容はお問い合わせください)
この船は100年以上前に建造された本物の戦艦で、日露戦争(1904~1905)時には大日本帝国海軍の艦隊の旗艦として戦い、当時無敗を誇っていたロシアのバルチック艦隊を破って日本を勝利へ導き、日本海軍の強さを世界に知らしめた名艦です。
その業績を称えて、引退後も記念艦として保存されており、内部を見ることが出来ます。
ちょっとしたお土産もつきますのでお楽しみに♪「三笠」見学後は2通りのコースがあり、お好きなコースを選べます。

一つ目は、三笠桟橋からボートに乗って東京湾に浮かぶ唯一の自然島にして無人島の猿島を見学するコースです。
横須賀地区の沖合1.7㎞に位置し、周囲1.6㎞の猿島は江戸時代に砲台が設置されて以来、東京湾の防衛の拠点として要塞化されました。
戦後は要塞としての機能をなくし、海水浴場へと姿を変えました。
近年では放置された要塞跡にコケやシダ植物等が覆った姿が「ラピュタ」を想起させるとして改めて人気が出てきています。
島内には散策コースが整備されており、歩いて簡単にまわることが出来ます。二つ目は、軍港巡りクルーズのコースです。
横須賀地区には海上自衛隊と米海軍の施設が多くありますが、当然ながら一般には立ち入ることはできません。
しかしながら、軍港巡りクルーズでは米軍の太平洋艦隊や日本の海上自衛隊の近くに接近することが許されています。
ミサイル艇や潜水艦、護衛艦、駆逐艦、空母といった最新の戦力だけでなく、自衛隊に所属する様々な船もご覧ください。最後はどぶ板通りと呼ばれる日米文化が交じり合った商店街へ行きましょう。
もともとこの商店街は横須賀に駐屯する米海兵を相手にした商売から発展し、米海兵向け店が並びました。
しかし、メディアがまだ未発達の時代には、そこは日本人にとってもまた最新のアメリカ文化を取り入れる場所でもあり、米兵のみならずアヴァンギャルドな日本人たちをも相手にしたため、より一層アメリカ色が強められ、今ではそのアメリカ色の強すぎる独自な街並みとして日本人観光客のみならず外国人観光客をも惹きつけています。
こうしてまた更に新たな客層が加わったことで新たな変化が生まれてくるのではないでしょうか。解散は横須賀になりますが、品川またはその他東京方面へのまでの帰り方をご案内いたします。
品川までの交通費もツアーに含まれていますが、途中下車も可能ですので帰り道にお洒落でロマンチックな港湾都市・横浜に寄ってみるのも良いのではないでしょうか。
 

★解散場所:京急汐入駅(横須賀)(品川までの帰り方をガイドがご案内します。)

lunch

ツアー催行日/料金

日付をクリックして予約/問い合わせにお進みください。
参加条件(対象、その他)最少催行
  • 子供は大人の同伴が必要です。

  • ツアーに参加される方全員に大人料金が適用されます。

  • 最少催行人数は1名です。

  • 軽いウォーキングを伴います。歩きやすい靴でご参加ください。

  • お体の不自由な方またはご旅行日程中で補助が必要な方は、ご予約の際にその旨をお知らせください。

  • ツアーに保険は含まれません。

  • 猿島行きのフェリーおよび軍港クルーズは悪天候や機材等の事情により予告なく当日変更または中止になる場合がございます。その場合ガイドが改めて行程をご案内いたします。

  • ツアーの順序は交通状況、天候、各施設の営業時間により変更されることがあります。

  • 道路状況や悪天候などのやむをえない事情によりツアースケジュールの遅延や変更、予定観光地の滞在時間の短縮、中止、帰着地への到着の遅延などが発生する可能性がありますが、ツアーのキャンセルやツアー代金の返金の対象とはなりません。
    また万が一帰着が遅れ、タクシー利用あるいは宿泊が必要となりましても料金の請求には応じられません。予めご了承くださいませ。

注意事項
  • 最大8名の少人数ツアーです。ご出発日までに他のお客様のお申し込みがなかった場合、ご旅行当日にお客様のご要望に合わせてカスタマイズも承ります。
  • ツアーでは公共交通機関を利用するため、お座席の確保は保証いたしかねます。

  • その他旅行に関するお役立ち情報等に関しましては「トラベルインフォメーション」をご覧ください。

  • 写真はイメージです。

金額に含まれるもの
  • フランス語ツアーガイド

  • ツアー中公共交通機関

  • 記念艦「三笠」入場料

  • (選択プランにより)軍港巡り又は猿島への往復渡航料+猿島公園入園料

  • 昼食

金額に含まれないもの
  • 旅行保険

  • 個人出費

  • 旅程表に記載のない食事

  • 旅程表に記載のない交通費と観光施設の入場料

  • ホテル送迎
    ※ホテルピックアップ/解散場所からホテルまでの送りをご希望の場合:別途追加料金 各5,000円/グループ毎

  • チップ(任意)

関連ブログ

関連ツアー

10